のためのアーカイブ ‘近況報告’ カテゴリ:

フランクフルト帰国

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

8月7日から約10日間の旅も本日で終了

8月16日は帰国日です。

でもフライトは19時

たっぷり時間があるので

ショッピングにGO!

まずは、ドイツの定番モーニング

パンはカイザーパン

ハムにソーセージ

電車を乗り継いて少し離れたショッピングセンターに

うううっ、ここでもバーゲン。。。

やばい。買ってまう・・・

そんなこんなで、時間はいい感じに過ぎて。

フランクフルト空港では、

長男くんのお目当ての

リモワ

ルフトハンザのマークがかっこいい!

見るとそこら中の人がリモワ持っている・・・笑

散々買うか悩んでいましたが、

激安!6割〜7割くらいで買える??

免税にもなるしね。

ってことで空港で購入。

どうやって持って帰るんだ?

どうやって免税するんだって

あたふたしましたが何とか無事に。

購入してまずは免税カウンターへ

メインターミナルの免税カウンターはめちゃ混み。

これでは間に合わない〜〜〜と焦っていたら

ちゃんと第2ターミナルにも免税カウンターありました。

(JALは第2ターミナル)

しかもガラガラ・・・

 

空港ではお腹が空いたので何を食べようか・・・

そろそろ胃が疲れてきた頃です。

な、何と天ぷらうどん!

少々スパイシーでしたが

美味しかったです。

こんなおしゃれなバーガーも!

さあ、日本に

 

フランクフルトへ

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

さて、旅も終盤。

帰りのフライトは、フランクフルト空港からなので、

ストラスブールからフランクフルトへまたまた高速鉄道に乗って移動です。

フランクフルトのホテルは駅ちかなので便利でした。

チェックイン時間より前に着いたので、街を散策、ランチに

さてさて、ハンバーガー屋さんに行ったのですが、

一つはチキンバーガー

安定のお味

ところがもう一つが

ベジバーガーとな?

なんでしょう??

という疑問をFacebookライブで話しました

フランクフルトはりんご酒まつり!

りんご酒を求めに街中へ

夕食は、郷土料理のお店へ

雰囲気ありあり

ステーキ

アインバインとザウアークラウト

ザウアークラウトはドイツの有名な酢キャベツ

めちゃ美味しいです

明日はいよいよ帰国

ストラスブール

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

コールマールから帰ってきてストラスブールでのんびり

モーニングは、評判のプレッツェルサンドイッチ

柔らかいプレッツェルの生地でのサンドイッチ

めちゃ色んな種類があります。

そして、

ランチは、クロムッシュのこれまた評判のお店

サーモンのクロムッシュ

ビーフのクロムッシュ

ボリュームがやばい

世界遺産の大聖堂観光に

ストラスブール大聖堂またはノートルダム=ド=ストラスブール大聖堂は、フランスストラスブールにあるカトリック大聖堂である。その大部分はロマネスク建築だが、一般にゴシック建築の代表作とされている。高さ142メートルで、1647年から1874年まで世界一の高層建築だった。現在は教会としては世界第6位の高さである。

ヴィクトル・ユーゴーは「巨大で繊細な驚異」と評した[注 1]アルザス平原のどこからでも見え、遠くはヴォージュ山脈ライン川の反対側にあるシュヴァルツヴァルトからも見える。ヴォージュ産の砂岩を建材として使っており、それによって独特なピンク色を呈している。

素敵!

塔に登ってみる

階段しんどかったけれど

圧巻!

街は可愛い

夕食はまたこのあいだのお店へ

店員さんに顔覚えられた!

ピザに

ステーキ

デザートも充実

すっかり夜に・・・

すると回してもプロジェクターマッピング??

幻想的!

これはかなりオススメですぞ!!

明日は、ストラスブールを旅立ちます!

 

 

美女と野獣の舞台

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

コルマール・・・

ハウルの動く城の舞台にもなり

なんと

美女と野獣の舞台にも・・・

 

う〜〜ん。

どこもメルヘン!

舞台にしたいわけわかる!!

お店の外観が可愛い

自転車でスイスイ移動

ここはシャベル

ここは?

顔がいっぱい

フォークとスプーン

そして

わぁ、ハート

ハンシーのお店

コルマール、超おすすめ

しっかり満喫して

ストラスブールへ

フォアグラのサラダ

マルガリータ

デザート

ストラスブールの夕暮れ

ハウルの動く城の舞台

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

コルマール続きです。

ゴンドラから降りてさらに町の中心に

薄焼きピザと

エスカルゴ!

いただきました。

そしていよいよ・・・

アルザス地方で最も有名な家の1つである「プフィスタの家」は、

壁や柱などに細かな装飾がされていてノスタルジックな雰囲気が漂います。

『ハウルの動く城』冒頭に登場する建物にそっくり

右の家!

おおお!まんま

そして帽子屋さんも

主人公のソフィーは帽子屋さん

買いたかったけれどおやすみ・・・

こんな素敵な楽器のお店も

shutterbugtraveler.blog.fc2.com/blog-entry-1382.html

画像はこちらのサイトよりお借りしました

 

 

 

コルマール

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

ストラスブール2日目

今日は、コルマールに行ってきます。

コルマールはかつて現在のドイツを中心とする神聖ローマ帝国自由都市であり、歴史ある街である。

ここは!

あのジブリ映画

ハウルの動く城の舞台になった場所!

スタジオジブリが製作したアニメーション映画ハウルの動く城』の冒頭に描かれた町並みはフランスのアルザスにロケハンしたもので[4]、特に1537年に建てられたルネッサンス建築の『プフィスタの家フランス語版』はそのままに描かれている。

また、

美女と野獣はこのアルザス地方の街、コルマールを舞台となっているとされ、非常に可愛い街並がたくさん見られます。

らしいのです。

では本当に、アニメの舞台の場所になっているのかみてきますね。

コルマールに到着

レンタサイクルを借りに

ゴンドラに乗りに

ここでまたまたトイレ故障事件が・・・

次男、受難の巻でした。

なんとかセーフ・・・

ふうううう(^_^;)

しばしゴンドラ気分をどうぞ

ルアーブル・エトルタ 珍道中・・・の巻 続き

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

珍道中のルアーブル・エトルタ観光ですが。

なんとかエトルタについて

ご飯もいただけ

これからいよいよ

断崖とアーチ状の「アヴァルの門」を見に

反対側の高台へ

ハアハア、

ゼイゼイ

まだまだ・・・

余裕の息子たち・・・

ついた!!

アヴァルの門」は??

おおおお!あれや!

苦労して登ったけれど

一瞬でおります。。。

エトルタは小さなまち

そこに人がいっぱい!

お土産やさんも可愛い

ひと休憩

アルセーヌルパン博物館へ

エトルタを満喫して

ルアーブル、ルーアンへ帰ります

帰ったらシードルで乾杯

牛肉のタルタル

フィッシュ&チップス

今日もお疲れ様でした

ピアノ経営塾Line@キャンペーン

フランスお土産
4種
総勢12名様プレゼント

始まります!
登録忘れずに

抽選会始まるよ〜

◆LINE@
line.me/ti/p/@rtk4608r
パソコンからは@pianokeieijuku
【保科陽子公式メルマガ】
金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生

coachinglesson.net/p/r/avgRPRcI

 

ルアーブル・エトルタ 珍道中・・・の巻

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

10日は、ルーアン からさらに西・・・

ルアーブルへ

そしてその先のエトルタまで行く予定・・・

電車もバッチリ予約して・・・

ところが、ルーアン の駅でまさかの足止め

電車の発車が40分以上遅れるとのこと

うううう。

ルアーブルからエトルタまでのバスに乗れるのか??

ドキドキの出発です

 

革ジャン

ルーアンで購入

あったかい!

バーゲンで安かった・・・

ま、まさかの乗り遅れ

しかも2時間ない!(^_^;)

仕方なく

ルアーブル観光へ

ル・アーヴルは、フランス北西部の大西洋に臨む港湾都市。セーヌ川右岸の河口にあたり、ルーアンを首都とするノルマンディー地域圏セーヌ=マリティーム県に属する。港湾の規模はマルセイユに次ぎ、大西洋岸ではフランス第1位の規模である。

対岸のオンフルールとの間には、1995年ノルマンディー橋が架けられた。

2005年、戦後再建された中心部の街並みが「オーギュスト・ペレによって再建された都市ル・アーヴル」としてユネスコ世界遺産文化遺産)に登録された。

Le Havreの位置(フランス内)

Le Havre
Le Havre

ウィキペディアより

以前にオンフルールは行ったことが

さて、しっかりルアーブル見て来ますか!

と、ここで大事件が

次男がトイレに行きたくなって

駅にトイレに入るものの

こ、故障中!!

近くに他にトイレはないし

カフェもない

もう大慌てで

さがすも・・・

やっと遠くにショッピングモールが

あ、あそこまで持つのか??

次男はお腹が痛そう

トイレ事件勃発

瀕死の面持ちでなんとか間に合った次男

心臓が・・・

 

失礼いたしました

気を取り直して

ルアーブル観光

おおお!

これはイギリス海峡!

2時間あっという間でした。

エトルタ行きのバスがやって来て

エトルタに到着

ううう、大変だった・・・

 

エトルタは、風雨にさらされてできた自然のアーチを含む断崖でよく知られる。これらの断崖と砂浜が、ウジェーヌ・ブーダンギュスターヴ・クールベクロード・モネといった芸術家たちを魅了してきた[2]。1909年には、モーリス・ルブラン[3]作のアルセーヌ・ルパン・シリーズの小説『奇巌城』の舞台となっている。街の中にはルブランの邸宅を改造した「モーリス・ルブラン博物館『ルパンの隠れ家』 le Clos Lupin, Musée de Maurice Leblanc」が公開されている。

有名なアーチのうち町から見えるのは2つで、アヴァルのアーチ(Porte d’Aval)、そしてポルト・ダモン(Porte d’Amont)である。マンヌポルト(Manneporte)は町から見えない位置にある。

ル・アーヴルからル・トレポールへと伸びるハイキング道GR21が町を通過する。

ウィキペディアより

エトルタは観光客でいっぱい

フランスの人はみんな車できてるね。

もっとバス運行したいいのにね・・・

酒屋

ぶたくんが可愛い

まずは腹ごしらえ

えへへ

やっぱシードル

そして食べたかったムール貝

おおおお!

でも

すごい量かも

食べても

食べても

減らん・・・

他には、そば粉のガレット

ハンバーガー

ピアノ経営塾Line@キャンペーン

フランスお土産
4種
総勢12名様プレゼント

始まります!
登録忘れずに

抽選会始まるよ〜

◆LINE@
line.me/ti/p/@rtk4608r
パソコンからは@pianokeieijuku
【保科陽子公式メルマガ】
金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生

coachinglesson.net/p/r/avgRPRcI

ノルマンディーへ

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

8月9日パリからノルマンディーへ

ノルマンディーは、イギリス海峡に臨むフランス北西部の地方で、王政時代である。今日では地理的、文化的意味合いも持つ。ノルマンディノルマンジーとも表記される。

ルーアン

中世からの古都であり、大司教座が置かれた。ルーアン大聖堂ゴシック建築の代表として知られる。クロード・モネの中期の連作『ルーアン大聖堂』はこの聖堂を主題としたものである[1]。ルーアン大聖堂にはノルマン人で初代ノルマンディー公になったロロの墓がある。また、百年戦争で捕虜となったジャンヌ・ダルクは、1431年にこの町で火刑に処されている。

フランスでは学生の町として有名で、たくさんの教育機関がある。

ウィキペディアより

ルーアン はあいにくの雨でした。

もう寒くて寒くて

ホテルでチェックインまで待たせもらうことに。

あったかい上着でも買おう

しばらくすると雨も上がり・・・

ルーアン の散策に

ルーアン大聖堂

お腹が空いたので、グーグルマップで評判のレストランへ

男どもは牛肉のタルタルに興味津々

うぉ〜〜〜新感覚の美味しさ!

チキンのソテー

飲み物はノルマンディーといえば、リンゴ酒のシードル

これがとっても美味しい

そしてデザート

パンナコッタ

ノルマンディはチーズも美味しい

ミルフィーユ

すっかりお腹いっぱいに

町のシンボル、時計台

この先には広場が

わぁ、可愛い!!

まるで、ディズニーランド!

いや、あっちが真似したんだよね

そして、

ここはかのジャンヌダルク最後の地

ジャンヌダルク教会へ

ジャンヌダルクの像

ステンドグラスが素敵

この教会に入った途端に思いっきり鳥肌が立って

なんか、降りて来てる〜〜〜

慰霊碑

ひと時、感慨にふけりました

夕食はホテルの近くのレストランへ

えへへ

またまたシードル飲んでます

ハンバーガーと

フィッシュ&チップス

そうこうするうちにルーアン大聖堂で

プロジェクターマッピングが!

古きと新しさの融合

めちゃ感動しました!

ピアノ経営塾Line@キャンペーン

フランスお土産
4種
総勢12名様プレゼント

始まります!
登録忘れずに

抽選会始まるよ〜

◆LINE@
line.me/ti/p/@rtk4608r
パソコンからは@pianokeieijuku
【保科陽子公式メルマガ】
金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生

coachinglesson.net/p/r/avgRPRcI

 

パリは見所満載

ピアノ教室の先生を子供達が憧れる職業に!

保科陽子です。

もうなんどもパリに来ていますが、

未だに見ていないところもあり

本当に見所満載なのがパリです。

まずは、

パン好きの長男に人気のパンやさんに連れて行ってもらいました。

www.maison-kayser.com/?utm_source=tripadvisor&utm_medium=referral

Eric Kayser

カフェにもなっていて

キッシュとハンバーガー

そして

目玉のクロワッサン

超薄皮で

パリパリ!!

でも、ふわっとしてて

こんなの食べたことがない!

激ウマでした!!

まずは、ルーブ美術館のピラミッドを見に

 

 

 

 

えへへ

サントシャペル寺院へ

パリの宝石箱と呼ばれるステンドグラスを見に

 

 

素晴らしかったです!

時が止まったかと思うくらい・・・

そしてオルセー美術館へ

お腹が空いたのでカフェへ

オルセー美術館一番上のフロアーは一押し

素晴らしい印象派の絵画たち

こんなシャッターチャンスも

(実はすごい行列だった)

今度はオランジュリー美術館へ

LINE@キャンペーンのプレゼントもゲット

夕食は、ステーキとフィッシュ&チップス

そうそうこちらもゲットです

ピアノ経営塾Line@キャンペーン

フランスお土産
4種
総勢12名様プレゼント

始まります!
登録忘れずに

抽選会始まるよ〜

◆LINE@
line.me/ti/p/@rtk4608r
パソコンからは@pianokeieijuku
【保科陽子公式メルマガ】
金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生

coachinglesson.net/p/r/avgRPRcI