ピアノの先生 ピアノレッスン ピアノ教師 ピアノ講師

ピアノ教室・ピアノの先生のためのお役立ち動画ラインナップ

更新日:

 

ピアノの先生・講師・教師の方のためのお役立ち動画ラインナップ①

17本の動画をあげておきます。

<<ピアノ教室の先生を子供が憧れる職業に!そんな情報を盛りだくさん提供中。ピアノ教室の先生メルマガ【金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生】<<

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント 

解説

ピアノの先生・ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイントとは?

お話 崎本正俊先生

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント ポイント①

解説

提供するのは価値です。

多くのピアノ先生が、ピアノレッスンの価格を提供しようとしています

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント ポイント2

解説

ピアノの先生の自己肯定感をあげることが大事です。

その為に大事なことは、自分事で考える。

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント ポイント3

解説

本番に強い人の特徴は自然体だということ。

練習の積み重ねが大事であり、やってきてことしかできない。

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント ポイント4

解説

遠慮と謙虚は違う

遠慮とは?

謙虚とは?

大事なのは?

ピアノ教室をビジネスで成功させる5つのポイント ポイント5

解説

自分で自分を選ぶ

 

優位感覚でグループディスカッション

解説

ピアノ教室の生徒さんはどれ?

またピアノの先生自身はどれ?

視覚優位 視覚の情報に敏感

聴覚優位 聴覚の情報に敏感

言語感覚優位 言葉の情報に敏感

触感覚優位 触覚の情報に敏感

これを知ってピアノレッスンに活用しよう。

 

コーチングレッスン教室運営・教室カラーを明確にしよう

解説

教室カラーを明確にしましょう。

教室のカラーとは他の教室との差別化につながります。

教室の強み・他にないサービス・先生のキャラクター・実績など

是非考えて見てください。

 

コーチングワークシート活用術1

解説

ピアノレッスンでワークシートを活用しよう。

オリジナルで作って見るのもいいですよね。

とっておきのぴあれん手帳をどうぞ参考に。

 

ピティナレポートセミナー優位感覚別レッスン

解説

優位感覚とは・・・是非この感覚のこと知ってください。

視覚優位

聴覚優位

言語感覚優位

食感覚優位とあります。

http://www.piano.or.jp/seminar/news/2013/12/21_17141.html

 

ピアノの先生の伝え方トレーニングご感想動画 1

解説

ピアノレッスンで生徒さんとのコミュニケーションで悩んだら是非!

ピアノの先生の伝え方トレーニングご感想動画 2

 ピアノの先生の伝え方トレーニング感想動画3

 

言葉って真実?ピアノの先生が一番聞きたくない言葉

解説

私たちは言葉に翻弄されがちです。

言葉を信じてしまいがちです。

その結果、多くの誤った行動を選んでしまいがちです。

生徒がピアノレッスンをやめますと言った時

すぐに諦めてしまっていませんか?

以下の動画では3パターンの生徒さんの事理を紹介しました。

どんな風に感じましたか?

言葉ではなく生徒さんの様子をもっと観察しましょう。

いろんな気づきがあるはずです。

 

練習しないっていうお母様へのコーチングデモンストレーション 

ムジカノーヴァ10月号特集動画

解説

子供が練習しないって悩んでいるお母様にどう接したらいいでしょうか?

家庭練習は先生は残念ながら見ることができませんよね。

一番いいのは生徒さんが自立したり、家庭練習が習慣化することです。

それができていない生徒さんのお母さんからはこういった悩みがくると思います。

その時に是非以下のようなコーチングをお母さんにして見ましょう!

お母さんに考えていただく。

その家庭にあった一番いいやり方を見つけてもらうです!

 

ミスコミュニケーションを減らそう 思春期のコミュニケーション 

保科陽子 ムジカノーヴァタイアップセミナー

解説

誰しも相手をよくしようとコミュニケーションしています。

お母様も、先生も。

その思いは素敵です。

ですが、実際うまくいっていないのはなぜでしょう?

それは、ミスコミュニケーションを起こしているからなのです。

ミスコミュニケーション=たわし型コミュニケーションを減らして

相手との関係性をアップさせ、ピアノレッスンしやすくしましょう。

 

ピアノの先生のための 『思い込み』について 

保科陽子 ムジカノーヴァタイアップ コーチングセミナー

解説

生徒さんや保護者さんとのコミュニケーションでうまくいかない原因の一つに

双方の思い込み=ビリーフ

があります。

思い込みとはなんでしょうか?

以下の動画をご視聴ください。

<<ピアノ教室の先生を子供が憧れる職業に!そんな情報を盛りだくさん提供中。ピアノ教室の先生メルマガ【金持ちピアノの先生、貧乏ピアノの先生】<<

ライター紹介

ピアノ経営塾

ピアノ経営塾

ピアノ経営のプロが教えて失敗しないピアノ教室・レッスンの選び方。10のポイント。ピアノ教室応援コーチ、ピアノ経営塾 代表取締役 保科陽子
〜ピアノ教室が豊かになる情報も提供中。

<ライターからのご挨拶>

 

-ピアノの先生, ピアノレッスン, ピアノ教師, ピアノ講師
-, , , , ,

Copyright© 保科陽子ピアノ経営塾 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.